© 2019 一般財団法人 平田ホリスティック教育財団  All rights reserved.

スピリット(魂)とは、「個性のある意識」【by 平田ホリスティック教育財団 理事長:平田進一郎】

最終更新: 2月14日



ホリスティックヒーリングの真髄は、このスピリット(魂)とボディ(体)、マインド(思考)のすべてを通して、癒されることです。


「個性のある意識」を具体的に知るには、ボディ(体)という乗り物がなくてはなりません。

人は、五官によって経験したことが、意識(魂)を通して、何らかの感情や思考を生み出します。

これが、心ということになります。


「意識が良い」とか、「意識が悪い」という表現は、あくまでも三次元的な結果に対する評価に過ぎず、良し悪しよりも、むしろ個性的な質の違いのことであり、その“本質”は、慈愛に満ちたハイヤーセルフという、永遠に不滅なものにつながります。


さて、私たちの個々の魂は、どのようにして、その“本質”とつながるのでしょうか・・・


ここで、意識=魂をカップに入った「だし汁」と表現しましょう。

カップは、ボディ(体)のことです。様々な形をしたカップ(体)には、個性のあるだし汁(意識=魂)が入っています。


体と合体した意識には、様々な感情や思考(心)という具材も入っています。

だし汁の質を高めるために、一生を通じて、だし汁に様々な具材を入れておくと、だし汁本来の味が変化してくるはずです。

これの意味することは、具材は、感情と思考であり、私たちが認識できるものであり、心の持ちようのことです。

そして、どのような具材(心)を、どのくらいの時間入れているかにより、だし汁(意識=魂)が、変化していくことになります。


いま、見極めるべきことは、心の持ちようです。


正に、怒り、恐れ、怨みの感情、又は、喜び、楽しみ、感謝の感情、良い考え方、悪い考え方、良い思い方、悪い思い方、このような様々な具材を、長く、たくさん入れているかで、意識=魂の個性的な質に影響を与えることになるのです。


思考を見つめるマインドフルネスから、感情を意識化するエモーショナルコンシャスネスを実践することにより、具材の中身に変化が起これば、それは、意識=魂の向上につながり、ハイヤーセルフと通じることになっていきます。


俗に言われる「今世は、魂の修行の場」とは、このように、カップに入った意識(肉体を持っている状態)で、良きにつけ、悪しきにつけ、様々な思考と感情=心を生み出すからこそ、意識=魂の質を高めることの重要性を説いているのです。


「魂の質は、心の持ちようを作り、心の持ちようは、魂の質を変える」と言えるのです。


JHC日本ホリスティックコンサルタント資格修得カリキュラム

ホリスティックヒーリング講座より ≪スピリット(魂)とは、「個性のある意識」≫