新型コロナウィルス感染症対策は、ホリスティックな免疫力の強化【by 平田ホリスティック教育財団 理事長:平田進一郎】


先日、HEAL奇跡の治癒力にも出演していた世界的に有名な生物学者:ブルース・リプトン博士が、新型コロナウィルスについてのコメントを聞きました。

一般的には、インフルエンザや風邪の流行る季節は、冬です。

なぜかと言えば、寒い季節の方が、ウィルスを複製活動させる環境になるからです。

ウィルスは、呼吸器系による空気の出入りを通じて、肺に入ります。

本来は、人の体温(通常37°C)においては、ウィルスの複製活動は妨げられています。

体温より高い温度では、複製しないのです。つまり、低体温の状態でなければ、仮に外からウィルスが侵入しても、複製されるリスクは極めて低くなります。

複製活動が少なければ、仮に、風邪のような症状があっても、シビアな状況になる可能性は低くなることがわかります。

しかし、冬のように外気温が低く、呼吸の度に、冷たい空気が気道に入り、温度が失われると、肺も含めて、体温が下がり、ウィルスの複製活動には、最適な環境になる可能性も否定できません。よって、寒い季節には、体温が下がることで、ウィルスの活動を促進させます。

さて一般的に、ウィルスは生きていると思われがちですが、実は、ウィルスは、「生物」ではありません。その理由は、自らの細胞を持たないからです。

他の細胞に入り込んで、その力を借りて、増えていきます。いわば、他力本願の類です。

分かりやすく説明すると、ウィルスは、USBのメモリースティックに例えられます。


写真のように、パソコンに差し込むと、中のソフトウェアやアプリが稼働して、メモリースティックからのその情報を取り出して、初めて、中身が、画面いっぱいに広がります。

ですから、パソコンがなく、メモリースティックだけでは、何の有効性もありません。

この場合、人の体(細胞)が、パソコン本体で、ソフトウェアやアプリが環境になります。いわんや、ソフトウェアやアプリという環境がなくては、メモリースティックを発動させることが出来ないので、「心配ご無用」です。

最悪の状態にならないことは、誰もがお分かりになることでしょう。

この事実を理解すれば、外側からの脅威に対して、必要以上に恐れることはありません。

無論、ウィルスの侵入を防ぐ努力も大事ですが、もっと大事なことは、ウィルスが、複製活動できない体内環境を作ることだと思います。

何故なら、人との接触を8割抑えようが、手を30分ごとに洗おうが、相手との距離を2メートルにしようが、ウィルスとの接触率をゼロにすることは、不可能だからです。

ホリスティックな観点から、感染症への対策は、外からのリスクを軽減することはもとより、

感染したと仮定しても、ウィルス複製活動にとっては、適切でない体内環境にしておく努力を怠らないことです。

また、人として、自分が、フラフラしすぎて、感染源にならないことは、留意する必要があります。

先に触れたように、「恐怖」の心は、自己免疫力にブレーキをかけます。

いま、自粛していることが、ストレスと感じているなら、自粛の時だからこそ、普段は出来ないことをやってみようと、思うことで、慢性的なストレスが軽減されるかもしれません。

これこそ、「ものは考えよう」の精神です。

また、ストレスが軽減されると、腸の状態が良くなります。

今この時こそ、普段は、外食が多く、偏食の多い生活から、Eat at home(家でごはんを食べる)ことで、食事の良い選択が、出来るかもしれません。

ストレスのない心と、適切な食事は、適切な消化を促します。

その結果、腸の状態は良くなり、腸管免疫力は、グッとアップすることでしょう。

これに加えて、お風呂に入り、さらに心をリラックスさせ、温熱効果で、ウィルスの活動を抑制できる適切な体温を維持する生活こそ、ホリスティックな感染症対策になります。


JHC日本ホリスティックコンサルタント資格修得カリキュラム

ホリスティックヒーリング講座より ≪スピリット(魂)とは、「個性のある意識」≫

© 2019 一般財団法人 平田ホリスティック教育財団  All rights reserved.