スプラウトに最適の温室が、100円で手に入ります



 スプラウトというと、すぐ思い浮かぶのはブロッコリーやアルファルファあたりでしょうか。それ以外にも、ラディッシュ、キャベツ、そばなど、いろいろな野菜の種から美味しいスプラウトがつくれます。


 適当な道具があって、発芽率の良い種を入手できれば、家庭で簡単に栽培できますよ!


 自家製スプラウトのメリットを挙げてみますと……


 〇無農薬の種を使えば、完全無農薬で肥料も一切使わない最高にクリーンな野菜になります。

 〇収穫したてを食べられるので、最高にフレッシュです。

 〇市販のものより断然安上がり。自家栽培なら、250gのアルファルファ・スプラウトが60円くらいでできます。


 良いことづくめの「自宅でスプラウト」ですが、「トライしたけど、うまくいかなかった……」方もいらっしゃるかもしれません。


 実は、失敗しないための、大切なポイントがあります。カギになるのは温度と湿度の管理です。


 発芽の適温は植物によって違いますが、15℃くらいはキープしたいところです。寒い時期にはどうしても、発芽や成長が鈍りがち……


 そこで役に立つのが、温室代わりになるポリ袋です。


 ただ、ご家庭にあるレジ袋など、ポリ袋なら何でもいいわけではありません。ヘナヘナで倒れてしまうようでは役に立たないので、袋自身で立ち続ける厚みが必要です。


 種が発芽する際には熱を発するので、ポリ袋をかぶせておけば温度と湿度を保てます。ただ、袋が大きすぎると温度が下がってしまい温室の役に立ちません。


 小さすぎてもダメです。袋の中で空気が循環できずによどんでしまうので、種にとっては居心地が悪くなってしまいます。


 空気を循環させるには、穴が開いていた方がよいのですが、これも多すぎたり大きすぎたりすると、温度が下がって温室になりません。袋のどの位置に穴を開けるかによっても、保温や空気の循環に影響します。


 まとめますと、スプラウト栽培のためにちょうどよいポリ袋の材質サイズ穴の大きさ穴の数穴の位置があるのです。


 健康食品などの通販をてがけている「もやし研究会」では、試行錯誤の末にスプラウト栽培に特化したポリ袋を開発しました。


 一見すると、いくつか穴の開いているだけの、どこにでもありそうなポリ袋ですが、ボクは30年以上愛用しています。もやし研究会のネットショップで、84円(税込み)で購入できます。



【by 平田ホリスティック教育財団理事 丸元康生】