Knowledge is Power「知識とは、自分が後悔しない選択のためのパワー(力)」【by 平田ホリスティック教育財団 理事長:平田進一郎



アメリカでは、自己アピールする習慣を養い、自己責任の下、自分の人生を全うするような教育を強いられますが、日本は、少し違います。

一般的には、自己アピールは得意な人種ではなく、どちらかというと日本的な常識の下で、皆が同じ様な道を選ぶ傾向があります。

分かりやすく言えば、「右に倣え」という感じです。


かつて、私のアメリカの友人が、「日本は、社会主義的な資本主義だよね」と言ったことがありました。なるほど、的を得た表現かも知れません。

私は、1979年に、アメリカに留学しました。当時、学校教育の中にも、自己アピールや、自己責任を主張する傾向があり、正直、日本人の私には、違和感があったことを思い出します。

国が違えば、環境、教育、思想、習慣も異なることは、当たり前のことです。

従って、アメリカでは、選択の自由はありますが、日本人の多くは、あまり得意とはしていない分野のような気がします。

慢性病の代表である「がん」治療についても、同じことが言えます。次の表が示す通り、今では、日本の方が「がん」の死亡者率が高くなりました。

ですから、この点については、少し耳を傾ける必要があります。

アメリカでは、医療の自由選択が、日本に比べて、頻繁に行われています。


必ずしも、通常(西洋)医療が、解決の唯一の道ではありません。


特にアメリカでは、自然療法、ホリスティック医療、統合医療という代替療法の声が、多く聞かれるには、それなりの理由があります。

これは、決して通常(西洋)医療を否定するのではなく、何故、代替療法が支持され、どのような点が異なるのか、全てを知ったうえで、自分にとって見合う方法を選択することが大切だということです。

次の文言が、環境を問わずに、大切なことではないでしょうか?


ただ単に「右に倣え」という思いからの選択は、自分の人生の選択ではありません。

勿論、自分も右が良いと、心底思うのならば、右に倣っても、その選択は、ベストな選択でしょう。


しかし、第三者に、全てを委ねることは、楽なことですが、それが誤った道であることも否定できません。上手くいかなければ、第三者を責めることになりがちです。

または、「みんなやっているから」と言って、慰めるしかありません。

申し上げたいことは、国という違いだけでなく、人もまた、同じ日本人でも、環境、教育、思想、習慣が異なれば、物ごとの捉え方、思考、信念体系が、異なってしかるべきです。

ですから、後悔のない人生にするためも、様々な情報を得て、自分自身で吟味し、自分で決めることが、望ましいと言えます。

「Knowledge is Power」(知識は力なり)とは、正に選択のためのパワー(力)と言っても過言ではありません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

まもなく公開! Cancer真のホリスティックヒーリング 8/8(金)~8/10(祝)

ネット無料試写会のお申し込みは、下記のサイトから↓

https://www.h-hef.org/holistichealingtop


© 2019 一般財団法人 平田ホリスティック教育財団  All rights reserved.