「ネガティブな思考は、悪い細菌よりも速くあなたを殺すことができる」【by 平田ホリスティック教育財団 理事長:平田進一郎】



「ネガティブな思考は、悪い細菌よりも速くあなたを殺すことができる」

Negative thought can kill you faster than a bad germ.

この文言は、ホリスティック医学の第一人者:ドクター・トニーの言葉です。

私たちは、1日に、6~7万回の思考をしていると言われています。

朝起きてから、就寝までの約16時間に湧きあがる思い、考え方、更に感情の質には、様々なものがあるはずです。

しかし、私たちは、そのほとんどの心の状態について、無意識であり、それはあたかも自動操縦のごとく展開していることは、誰もが知っています。

それでも、つぎの瞬間は、そのことを忘れて、いつもの無意識の状態で、似たような思考を繰り返し、今までと、さほど変わらない生活を繰り返していることでしょう。

さて、ここで話は、少し反れますが、最後には、繋がってきます。

デトックス(解毒)という言葉を聞いたことがあると思いますが、これは、体に入ってくる悪しきものは、いつまでも体内に入れておくわけにはいかないので、それらの悪しきものを外に出すという行為です。

最もわかりやすい例は、①食べ物に含まれる悪しき物質の混入です。

添加物、加工食品、遺伝子組み換え作物(GMO)、化学調味料等、避けるべき様々な物質が、今の食生活には、蔓延しています。

また、食べ物の良し悪しだけではありません。

いくら良い食べ物を食べても、②消化が上手くできなければ、腸の中で腐敗や、酸化、又は、異常発酵を誘発させて、毒性の物質に変換されていることも多々あります。

上記、① 外から摂取される物質は、意識すれば、避けることが出来ますが、② 体内で作り出される物質については、余り気にかけないと思いますが、可能性は大です。

ですから、私たちは、デトックス(解毒)することを最優先する必要があります。

デトックスの定義は、「生理学的・医学的に生物の体内に溜まった有害な毒物を排出させることである」と記載されています。

そこで、特に、重要になってくるのが、排便、排尿です。

ここまでは、誰もが知っていることかも知れません。

では、話は今回のタイトルに戻り、最近よく言われる心と体の相関による不具合から、体内に入った細菌よりも、ネガティブ(否定的な)心が、よりパワフルに、体を痛みつけるという話です。

厄介なことは、1日の思考の95%が、無意識なので、自分自身がネガティブな心になっていることに気づかないでいると言っても、過言ではありません。

初めのうちは、心の痛みに気づいていても、慢性的なストレス状態の繰り返しが、知らず知らずの間に、ネガティブな心を植え付けている可能性が否定できません。

これは、体にとって、物質同様に毒物になり、ホルモン、免疫、代謝のホメオスタシスに、多大な影響を与えては、生理学的なメカニズムに支障を及ぼすことになっていきます。

ホリスティックヒーリングでは、これらの毒性状態をデトックスするためには、物質同様に、蓄積されそうなネガティブな心にも気づき、それを避けるトレーニングが、必要不可欠だと考えています。

正に、物質的な毒性と、ネガティブな心が生み出す毒性の物心両面のデトックス(解毒)に気を配る習慣を身につけることが、ホリスティックな生き方になります。

111回の閲覧

© 2019 一般財団法人 平田ホリスティック教育財団  All rights reserved.