Hope for the best and prepare for the worst【最善を望み、最悪の事態に備える】【by 平田ホリスティック教育財団 理事長:平田進一郎】


私たちの心が、何かに「恐れ」を抱いている時、私たちの体の生理学的な機能は、好ましくない方向に働くことを前回のブログで、ご案内しました。

具体的には、それは、免疫力が落ちる可能性を秘めているということでした。

いま、世界を震撼させている新型コロナウィルスの脅威に対して、日々、テレビでは、「恐怖」を連想させる情報が、伝えられています。

日々のニュースを聞いて、私たちは、どのように感じるのでしょうか?

アメリカニューヨーク州において、トランプ大統領が、完全封鎖を検討していることに対して、州知事であるクモア氏は、真っ向から異議を唱えました。

もし、封鎖されれば、大混乱を招き、数カ月にわたって経済をさらに落ち込ませるからです。

経済的な破綻により、別の意味で、死者も増えるかもしれません。

経済を優先するのか、それとも健康を優先するのか、実態は、極めて難しい選択です。

我が国日本も、いま、同じような局面にいます。

本来であれば、健康を優先すべきであろうと言いたいところですが、もし、経済的な破綻が起こり、個々の収入が滞っても、私たち個人は、乗り切るだけの貯えがあるのでしょうか?

経済を考えてのことか・・・健康を考えてのことか・・・、

これら2つの対立は、どちらも善意の発想です。

この場合、あなたは、どちらを優先させるでしょうか。

おそらくは、置かれている立場によって違うことでしょう。

考えるべきことは、最悪の事態とは何かです。

感染症になり寝込むことか、収入が滞り、経済的な破綻を迎えるのか、どちらでしょう。

このように甲乙つけがたい状況において、私たちは、Hope for the best and prepare for the worst【最善を望み、最悪の事態に備える】の心境を獲得する以外の伝手(つて)はないような気がします。

「人事を尽くして、天命を待つ」という気持ちにも近いものです。

なぜなら、どちらも最悪な状況にもなりえるし、たいした事でない状況で終わる可能性もあります。

その状況は、思考と感情の中で、繰り返される想像の世界かもしれません。

「人の脳とは、イメージの世界と、実際に起こったことを区別できません」


もし、想像の世界で、実際に起こっていないのであれば、極端に「恐れ」を抱くことは、

逆効果になります。だからと言って、この状況を軽視するということではありません。

最悪の事態の感情状態を体験しているのではなく最悪の事態に備えるという意味です。

事態に備えるためには、「恐れ」の気持ちを取り除き、最善の事態を望み、その時の感情状態を想像することです。その状態にこそ、感染症から身を守るための免疫力向上のパワーが宿ります。

また、恐怖の感情で、物ごと考えると、大した準備は出来ません。

恐怖心を取り除き、少しでも冷静になると、「この事態が来たら、こうしよう」「次の事態になったら、この手で行こう」と、一の矢、二の矢、三の矢が思いつきます。

「この事態になったらどうしょう???」という心配な感情は、ろくな思考になりません。

過去の歴史において、人類は、様々な感染症に打ち勝ってきました。

西アフリカのエボラ出血熱は、熱帯林の破壊により、マラリアやデング熱などは、温暖化の影響であり、今回の新型コロナウィルスも含め、感染症は環境の変化でパンデミック(世界的大流行)を起こすと言われています。

おそらくは、森林伐採、大気汚染、地球温暖化が与える影響、そして生物の絶滅や減少という生体系の変化が、自然界の摂理から離れることで、疫病を、生み出していることでしょう。

だとすれば、今回の新型コロナウィルスの蔓延も、宇宙(神)からのメッセージとして、

とらえるべきではないでしょうか。


JHC日本ホリスティックコンサルタント資格修得カリキュラム

ホリスティックヒーリング講座より ≪スピリット(魂)とは、「個性のある意識」≫

© 2019 一般財団法人 平田ホリスティック教育財団  All rights reserved.