~腸には3つの大事な仕事があります~  消化と吸収を助ける「ヨガ的な食事」㊱ 【 by 平田ホリスティック教育財団 理事 丸元康生】

「ナイスなCさん、Dさんを募集します」と書いたら……

なんと、今度はうちの奥さんが「ナイスな奥さん」になってしまいました!


奥さん「ねぇ、『栄養素は食べただけではからだの中に入らない』って書いてたけどさ……」

丸元「うん?」

奥さん「あれって『食べただけでは細胞の中に入らない』ってことなんじゃないの?」

丸元「そうなの? なんで?」

奥さん「だって、食べたら腸の中とかには入るわけでしょう? 腸って、からだの一部だよね。だから、からだの中には入ってるんだけど、細胞の中にはまだ入ってないってことなんじゃないの?」


なるほど~ 

そういうことでしたか!

ココは大事なポイントですね。


確かに、胃も腸もからだの中にあります。

でも、その表面は実はからだの外なのです。


ヒトのからだって「チクワみたいなもの」ってよく言われますね。












たとえば、チクワの穴の中にアリが一匹もぐりこんだとします。

このアリは、チクワの本体(=食べられるところ)の中に入っているわけではありませんね。








 同じように、食べたものは、からだの中の「穴」に入ります。本体ではなく、空洞、トンネルに入るだけなのです。もし消化されなければ、トンネルの出口から吐き出されてしまいます。


 栄養素は、絶対に消化されなくちゃダメ。

 じゃないと、入れてあげない。

 って、からだの仕組みはあんまり栄養素フレンドリーじゃないですよね。

 栄養素はからだに役立つものなのだから、スイスイ入れてあげていいように思わないでしょうか?


 でも、それはできない事情があります。


 口からは、病気を起こす細菌、ウイルス、不自然な添加物など、からだ本体に絶対入れたくないものが毎日もぐり込んできます。これを断固としてシャットアウトするのも、消化管の大切な仕事です。そのために、口から先は愛想のないトンネル仕様に作られているわけですね。









大半の栄養素が吸収される場所は腸ですが、腸は……

 1 栄養素を吸収する

 2 有害物質の侵入を阻止する

この二つの作業を並行して行っています。


加えて腸には、もう一つ大切な仕事があります。

 3 有害なものとそうでないものを間違えずに見分ける


 この腸の3つのお仕事を並べてみると、どこかで聞いたフレーズを思いださないでしょか? 神学者ラインホルド・ニーパーの「平穏の祈り」に似ていますよね。


 神よ、お与えください。

 変えられないものを受け入れる心の静けさと、

 変えられるものを変える勇気と、

 その両者を見分ける知恵を。


腸がこれを聞いたら……

「分かる! 見分けるのが大変なんだよね」と言いそうです。


今日のお話を締めくくっておきましょう。

とりあえず、今回覚えていただきたいポイントは、これだけ。


 「腸のお仕事は想像以上に複雑で大変」


栄養素を吸収するだけでいいなら楽ちんでしょうが、そんなシンプルな現場ではないってことですね。

© 2019 一般財団法人 平田ホリスティック教育財団  All rights reserved.